悩んだらまず相談しよう

高い志をもって現場に出てきた看護師ほど、仕事がうまくいかない日々が続くと自分の能力に疑いを持つようになります。新人のうちは「まだ現場に慣れていないからだ」と自分に言い聞かせて頑張れるものの、同期の看護師が活躍できるようになっていく姿を見るとギャップを感じて落ち込んでしまいがちです。その悩みを解決しなければいずれは看護師を辞めるかどうかと考え始めてしまうでしょう。

その前に一歩踏み出して解決するには、まず相談するのが先決です。現場の上司が適切な相談相手であり、自分が思い悩んでいる内容をぶつけてみると良いでしょう。主任や師長に相談してみると、同じような問題を抱えてきた看護師の話や、自分自身の話を聞かせてもらえて励みになるかもしれません。もっと実務的な点にまで頭が回る上司であれば、具体的にどのようなトレーニングを積む必要があるのかを吟味して現場経験や研修などの機会について検討してもらうこともできるでしょう。場合によっては診療科が合っていない可能性もあるため、病院内での異動の可能性について提案してくれることもあります。管理職が現場で働く看護師のマネジメントを行うのは当然の職務であり、悩みを打ち明けて具体的な対策を考えてくれる可能性が高いでしょう。よく目が行き届いている管理職者であれば予め対策が考えてあって、相談に来るのを待っている場合すらあります。

人より仕事の能力が劣っているとコンプレックスを抱えているのであれば、仕事ができる人に話しを聞いてみるのも手です。完全にマネをするのは難しいかもしれませんが、新しい視点が見えてくることは確かです。人の良い部分を吸収しつつ、自分のいいところも伸ばしていきましょう。人には必ず良いところがあります。きちんとそこに着目して、自分で自分をバックアップしてあげましょう。仕事ができる人が身につけている「職能」について、詳しくこちらに記載されているので気になる方はぜひ目を通してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です